方片国 Sydney+Crystal

其实一周目先跑的多多线,不过后来决定把best end留到最后……
于是黑兔相关END和女王线感想下收~(很大一部分是摘录剧本><)
看到那么长的序章好感动!还是五月亲生的好TAT

OP1
玫瑰花瓣那里差点泪了……
最後の花びらが別れを惜しむように、指先に絡まっていた。
その花びらも指先から離れ、舞い上がる。
这段真是……
Blood早年对Elliot好凶……我不觉得后来是顾及Alice……

OP2
正太……不,萝莉Nightmare好可爱好可爱好可爱好可爱!
Alice想Gray应该是更沉稳的お母……いや、お兄さんだった笑死我了
爱酱流泪时心都碎了……眼泪不知不觉下来了那里联想到白兔以前的眼泪停不住的回想我就…以及预感这部白兔存在感会很强TAT


为了可以收白兔END,先去黑兔线,多多best end留到后面><
event1:
黑兔的屋子吓我一跳……
event2:
「ええ!
あんなに長く、殺さずに話されるなんて、すごいことですわ」
「撃たれもせず、殺されないなんて、とても好かれています!
よかったですね、アリス」
「それ……、好かれているの、基準がおかしいから」
【捶地】
event3:
让爱酱受伤不可饶恕!
不过后面听到要成为朋友之后的反应又好可爱><
event4:
爱酱你怎么当上斯托卡了痛心疾首(捶地)
event5:
紅茶に関する知識は、ハートの国にいたときから幾度となく聞かされた。
城の主である赤の女王、そして給仕してくれた白ウサギにも……。
「……美味しい」
「それはよかった。
でも……、悲しそうな顔をしているね」
「え……」
「君は私を見て、たまにそんな顔をする。
銃で撃ったりしていないのに……、痛いの?」
「そ、そんなことないわ。
……あなたのせいじゃない」
「私のせいだなんて、思っていないよ。
私は悪くない……、悪いのは誰?」
「誰も……、悪いことなんかしていないわ」
「じゃあ、なんだって人の顔を見て悲しそうにしたりするんだ?
気分が悪いよ」
「私を見てはそんなふうに……。
……何を見ているの」
(何を……)
額の汗を拭ってくれたとき、汚くないと言ったシドニー。「彼」なら、きっと雑菌だのと騒ぐのに。
紅茶を淹れてくれた、シドニー。
「彼」と、同じシチュエーション。
違いをみたり、同じところを探したりしている。
どうしようもない、重なりすぎているのだ。
【这一段写得真好!】
event6:
白兔继续怒刷存在感……
event7B:
女王吐槽时计屋:带着个孩子迟到什么的,时计屋的名字要哭了
爱酱初见小Ace:不红的Ace!
这两处笑喷了XDDD
event8:
「領民の人達に好かれているのね」
「そういえば聞こえはいいが、ただ単にからかわれているだけさ」
(からかわれるような関係なのがすごいのよ)
「……ほらほら。
入った、入った」
ジェリコは、更にぐいぐいと背中を押してきた。
「わ!?
わわ!?」
「だから!
押さないでってば!」
先刻より、力が強い。
(もしや……、照れている?)
【多多好萌(喂)】
黑兔开始吃醋了XD 某个角度来说和总吃猫的醋的猫君一样,但另一层面上来讲,果然还是在吃白兔的醋吧……
event9:
白兔继续怒刷存在感(你够了)
event10:
手に持っている本を見ると、他にも、薬学の本や健康に関する本。
……将来が見えるようだ。
【捶地!蜥蜴先生果然还是温柔的XDDD】
白兔……
不过黑兔好可爱XD
event11:
ウサギは皆、ストーカー気質なのかもしれない。
【爱酱GJ~】
这回想里黑兔和蜥蜴的两张并肩作战CG好帅!!!

籠の中のウサギEND:
………………好糟糕的END啊QR……
黑兔腰部的大蝴蝶结我想吐槽很久了,果然是女王的主意啊XD
这个END里的女王让人特别寒ORZ

event12:
其实我挺不喜欢强制系的……也挺不喜欢对对方没有安全感的设定……但是对黑兔这个回想还是被戳到了,主要是这句:
「私のほうが勝手に……。
……おかしくなっているんだ」
……そう言って、シドニーは私の体を強く抱き締めた。
その手はもう、私の体のどこを翻弄しようともしていない。
ただギュッと、私の体を抱いていて。
触れ合った部分から、わずかな震えが伝わってきた。
「……悪かった。
忘れて」
event13:
糟糕回想(喂)
其实很佩服五月能把这类回想写得全都各不重复还很符合角色性格><
黑兔那句「醜い?気持ち悪い?」戳了我一下……

上司と部下END:
不知会不会有未来发展的一个END……

event15:
黑兔超可爱!超超超可爱!
兔子状果然好棒><搂住!
event16:
最大的感想是:给教主跪了ORZ(难怪弹幕叫你弯仔码头!看看那CG!)
于是存一下这段的剧本备忘><
急に後ろから声が聞こえる。
向かおうとしていた、後部側。
そちらへ目を向けると、そこには車掌と同じ顔をした男が立っていた。
私を片手で抱き寄せ、もう片方の手には斧。
来た方向にもう一度振り返ると、ジョーカーが手を押えている。
「……っつうう。何をするんだよ、ジョーカー!?」
「……斬新な死に方を体験してみたいんだろ、ジョーカー?新ジャンルの開拓を手伝ってやろうと思ってよお、くく」
「~~……っ、すっごく痛いんだけどな、ジョーカー。死にそうだ!」
「よかったじゃねえか!おまえにもまともな感覚があったんだな、ジョーカー!」
【演出】・・・ざしゅっと斧を振る音
ジョーカーは斧を振りかぶって、もう一方のジョーカーに振り下ろす。
「ぐあ……っ、っく、つう!?ちょっと、ジョーカー、痛い!本当に死にそうだよ!?」
「死にそうってなあ、まだ死んでねえっつうことだろ!?よかったじゃねえか、生きてる感覚が楽しめる!」
「楽しいことが好きなんだろ!?俺もそうだ!」
【演出】・・・ざしゅっと斧を振る音
ざしゅざしゅっと、冗談のような音がする。
冗談のような……。
斧を振るう男と切り刻まれる男。
ホラーでグロテスクなシーンであるはずなのに、まったく冗談のようだ。
同じ顔をしているせいか、双方に悲壮感の欠片もないせいか、現実とは思えない。
【演出】・・・ざしゅっと斧を振る音
ざしゅざしゅっ、と。
音だけが生々しい。
「い……っつう、ぐはっ!?……裏切る気なのか、ジョーカー」
「っは、くだらねえことほざいて失望させんなよ、ジョーカー。裏切るに決まってるだろ、俺はジョーカー様だぜ?」
「……っ、そうとも、まったくくだらない、ふざけている。ジョーカーまでが絆されるとはね」
「ば~か、誰が、こんなガキに。俺はおまえを楽しませてやってるだけだ」
【演出】・・・ざしゅっと斧を振る音
ざしゅっ、と。
大きな音がする。
いつの間にか、私の目はおおわれており、見えない。
音だけが聞こえる。
恐ろしい場面なはずなのに、目をおおう手は温かい。
むしろ、私の血が彼を汚している気がした。
「……とどめだ、ジョーカー」
【演出】・・・車輪が線路と擦れる音
そう宣言した彼の言葉に被せるように、列車が大きく軋む。
「っあ!?」
「……っ!!」
「……っく」
大きな揺れと、目を閉じていても分かる衝撃。
「ち……っ、タイムアップか。限界だな……、行け」
軽く反転させられ、どんっと突き飛ばされる。
私は後部車両側。
彼は、先頭車両側。
二人の、ジョーカー。
一方は虫の息で屈みこみ、もう一方も彼の様子を窺うように。
二人ともが、私とは違う車両側にいる。
アイス:「あ、あなたも……」
【演出】・・・ぱしっと叩かれる音
手を伸ばすと、斧の柄で叩かれる。
「……おまえまで、つまんねえことを言うなよ。俺達と行かないために逃げたんだろ?」
「戻ってどうする。……行くんだ」
彼は、斧の柄を利用し、車両のつなぎ目の接合部を離す。
間を結ぶ鎖も、器用に解いてしまった。
ぶわっと、ものすごい風圧に圧倒される。
隙間ができたせいで、窓をあけたような状態になる。
暴走する先頭車両と、別れた後続車両。
徐々に車間が広がっていく。
後続車両にも勢いはあるものの、走り続ける先頭車両とは速度差が出来ていった。
アイス:「で、でも……!こっちへ……」
こちらも安全とはいえないが、見た目には彼の残るほうの車両のほうが危ない。
飛び移れば、今なら逃れられる。
アイス:「ねえ!?死んじゃうわ……っ」
手を伸ばす。
今度は叩かれない。
……だが、掴まれもしなかった。
「……はあ、勘違いすんな。俺はこっち側なんだよ」
「……なあ、ジョーカー?」
力なく、そして血まみれのもう一方。
非道にも、もう一方が髪を掴み、持ち上げる。
血まみれの彼は……、笑っていた。
「……っつ、はあはあ、っふう。そうだね、ジョーカー、俺達は一緒だ」
「……薄気味悪い」
「ふ、はははっ。それは……、いい気味だ」
離れていく、二人のジョーカー。
ばちばちと火花が散り、風が巻き上げていく。
花に夏の日差し、秋の木の葉に雪。
火花に、イリュージョンのように色彩が混ざり合う。
「アリス……、てめえも、助けられたなんて薄気味悪いことを思うんじゃねえぞ?これは楽しむための時間稼ぎで、ただの余興だ」
「今回は時間切れ。だが、すぐ次が来るぜ?」

白の檻END:
从这个ED来看,总有种爱酱现实中已经不在了的感觉……这样来看重制国大家猜测的爱酱现实中出了什么事,所以时间们都变得急迫起来,益发不想让她回去等等,也有了合理的解释

黒の王座END:
black桑果然很温柔……
“おまえがこの国の王になれるまで”什么的,“早く、俺の敵になれよ”什么的,我感觉JOKER这边是会变成持役者而不是颜无的,或者black和white不一样?又或者颜无也可以走向持役者?走过第八格就能变成后?
至于为什么时间们都和joker为敌,我还是没理解……毕竟大家似乎都是想让爱酱忘记的(除了Julius)


event17:
话说我完全不记得白兔说过杀了家人什么的啊!这是啥!
摸摸黑兔,你很漂亮的~
「根幹の部分、そしてこの世界の住人である理由。今となっては退屈なばかりでも、強い願いを持った過去が共通しているのです」
「時間よ、止まれ」
吹雪に舞い上がり、凍りながら回る。
「この時を境に、二度と動くな。時よ、止まれ」
「……そう願ったはずです。凍って、二度と溶けるな、と」
アイス:「あなたも、そう願った過去があったの?クリスタ……」
「……さあ、どうでしょう。それも、つまらなく意味のない質問ですね」
「今となっては、どうでもいいこと。……あなたも、いずれ、そうなります」
【又是信息量很大的对话……于是每个持役者都身背黑历史……白兔那个大概是家人发生了意外只有自己活下来了?并且可能有自己的过错……这么看来Vivaldi和Blood真是太特殊了】
「別に……、今は怖くない。でも、いつか何かを望んで、こんなどうしようもないものに入るときがきたら……」
「……そういう自分を想像すると、おぞましいな」
暗幕をくぐり、暗い道に入る。
何も見えないのに、エースの足に乱れはない。
「そんなふうになったら、俺は俺のことを殺したくなると思う」
「それに、きっと、俺のことをそんなに弱くした相手を殺すと思うんだ」
「殺してしまえば自分も死んで……、きっと何とも思わない。怖くはないけど、惜しくはあるかな」
【恩……】
看到大Ace好激动!
「あいつは迷いがないからね、ここで見るものなんてない。出口へ戻っちゃったんだよ」
「……出口に、ユリウスがいる。甘ったれっていうか……、子供っていうのは気楽でいいぜ」
「俺、あいつが嫌いなんだよね。迷わないし、寄り道もしない……、常に帰る場所があると思っている」
【恩……】
「今も……、今でないときも、いつでも、どうしようもない男だということに変わりはないが。……まだ可愛げがあるだろう?」
【Julius夸你了哦Ace(于是大Ace益发讨厌小Ace了)
アイス:「……私が誰より何より会いたかったのって、ユリウスだったのね」
「…………」
「……はあ、馬鹿か。そんなはずがないだろう」
(あ、この呆れきったような声と態度。本物だわ)
妙なところで、実感してしまう。間違いなく、本物の「彼」だ。
アイス:「だって……。ここには望んだ時間があるっていうから」
「……望んだ時間、か。ひどく曖昧な言い方だが、嘘ではないな……」
「……だが、私は望んだから現れたわけではないぞ?おまえが望んでいるのは別の……」
アイス:「あなただって、私の望んだ時間よ」
きっぱりと、言うことが出来た。
もう、会えないかもしれない。そう思っていたし、今だってそう思っている。
「…………」
「……だが、私はここの展示品ではない。おまえの望んだ、一番の時間ではないんだ」
アイス:「展示品じゃないなら、尚いいじゃない。望んでいた時間だわ」
躊躇いはなかった。もしこれが夢で……、あるいは展示品だとして、真面目に話しかけることがいかに滑稽でも構わない。
アイス:「私、あなたと会いたかった。会えて嬉しい」
(一番とか二番とか、順位付けは分からない。だけど、会いたかった)
一番じゃないからといって、何が悪いのだろうか。再会の嬉しさが薄れるわけではない。
アイス:「驚いたけど……。あなたがここに現れても、ちっとも不思議じゃなかったわ」
「…………」
「……そうか。おまえは、ずっと覚えていてくれたんだな」
アイス:「当然でしょう。忘れるはずないわ」
「ありがとう」
アイス:「な……、何よ、改まって。お礼だなんて……、変よ?」
(これは、夢じゃない。そう言ってよ)
背に軽く、手を添えられる。感触だけが伝わった。
何も見えない中、存在を知ることが出来る。現実なのだと、ほっとした。
アイス:「ユリウス……?」
(どうしたの?)
とん、っと。
「……だが、忘れろ。展示品……かつて望んでいた時間など忘れて、今だけを見るんだ」
アイス:「……っ」
(そんな……。そんなの……)
【本来想嘲笑小姐你果然对Julius没有半点抵抗力但看到后来差点哭了是为什么啊TAT】

葬式END:
关于那个名字是谁,本来看所有关于墓地的剧情时我一直觉得是姐姐的,但想到爱酱现实中已经……了就觉得大概是爱酱,可是对于这句“愛していたのだ。棺桶に入っている、あの人を。”还是感觉是姐姐……
于是我很迷茫……
不过两种说法倒是都解释得通的

Best END:
选前のほうがいい的话……太糟糕了……
最后礼物的呼应好甜><

白ウサギ END:
55555555白兔!再次见到你真是太好了!
想想每条线都会有这么一个毅然决然奔向白兔的END……就觉得好带感!(不对)
看到这么有存在感的白兔,我觉得黑桃国还是别让帽子屋弹走的好……

整体而言,黑兔线挺满足的~各种意义上(喂)
兔子形态真心太可爱!
性格和白兔有微妙的相似之处,但是白兔对自己其实是无关心的态度,而黑兔则是表面自视甚高实际上很自卑,骨子里还是差别很大的
对于黑历史……我……其实透露到现在这种程度已经不错了,写得太详细可能反而效果未必好?
没有安全感,害怕被舍弃,这种设定其实戳不到我,但是小鸟好几处都配得太棒了><很加分~
摸摸黑兔,再说一次:你的眼睛很漂亮~~~



Crystal线:
女王线很短,但是信息量并不小……
氷の中にいる彼。驚くほどに……、クリスタに似ていた。
(……いつか溶かして、出してあげる)
だが、それは幼子を捨てて去ろうとした王のためではない。父を凍らせた子供のために。
从这一段看,怎么都是父亲了,但是既然是王,一般来讲应该是持役者,那么就是像心国那边的姐弟一样这边是父女为持役者?也许一开始两人都是余所者后来父亲成为了持役者,女儿可能是将父亲冰冻后成为的持役者,那之前也许是余所者也许是颜无?反正似乎是成为持役者要伴随着牺牲的感觉……
另一种可能,实际上王是Crystal的案内人,长相相似什么的其实有Blood前车之鉴(喂)也未必就是现实生活中的同一个人,这样的话成为持役者就意味着干掉案内人……毕竟案内人代表了最珍视同时也是最该遗忘的一段记忆,成为持役者也就遗忘了那段时间……这么想起来还挺有逻辑的!但是这样的话白兔……不不不不我要忘了这种推测ORZ

发表留言

秘密留言

自我介绍

allthepast

Author:allthepast
博爱者
NINO本命利达苏担团
除A团等特殊情况外,2D高于3D主义者
找工作……
被3U3闪光弹严重伤眼
间歇萌花滑ING,师兄最高~
50周目纪念国、LUCKY DOG、图书室、蔷薇、LB
苦等酒2……头也行!
新宋、成田良悟、全职
成岛小姐、渚小姐~
fox^^一生推><
期待ARAFES DVD

最新文章
最新留言
最新引用
月份存档
类别
搜索栏
RSS链接
链接
加为好友

和此人成为好友